古美術品、骨董品の世界にもご多聞に漏れず、一般の使い方とは異なる様々な専門用語があります。
専門用語を知ることによって、より深く古美術の世界を楽しんでみてはいかがでしょうか。

あ行

  • 赤絵あかえ
    赤を主調として、緑・藍・黄などの顔料で上絵付けをした陶磁器。
  • 有田焼ありたやき
    佐賀県有田地方で作られた陶磁器。伊万里港から積み出されたため、伊万里焼とも呼ばれている。
  • アンティークantique
    古美術品、骨董品。主に西洋の古美術品や骨董品を指す。
  • 糸印いといん
    小型の銅製の印鑑。室町時代に明から輸入された生糸につけられていたといわれる。 受領書としてこれを捺印して返送していた。
  • 伊賀焼いがやき
    三重県伊賀地方で焼かれた陶磁器。主に茶道具が作られた。
  • 伊万里焼いまりやき
    佐賀県伊万里港から積み出された陶磁器の総称。有田焼の通称。江戸中期(あるいは後期)頃までに作られたものは古伊万里と呼ばれている。
  • うずくまる
    信楽焼などの小壺。人がしゃがみこんでいるように見えることから名付けられた。
  • 裏箔うらはく
    三重県伊賀地方で焼かれた陶磁器。主に茶道具が作られた。
  • 永楽焼えいらくやき
    京焼の一つで、江戸時代の文化年間に永楽善五郎が創始した焼物。
  • 織部焼おりべやき
    桃山時代に岐阜県の美濃地方で古田織部が創始した焼物。茶器が多い。

1

2 3 4 5 6 7 8 9 10
0120-888-185
受付時間 月~金 10:00 ~ 18:00
出張買取カレンダー
PAGE TOP