古美術品買取

骨董品 仏像 彫刻 掛軸 茶道具 工芸品 刀剣 甲冑 絵画 日本画

古美術買取

古美術・骨董用語集

古美術品、骨董品の世界にもご多聞に漏れず、一般の使い方とは異なる様々な専門用語があります。 専門用語を知ることによって、より深く古美術の世界を楽しんでみてはいかがでしょうか。

古美術・骨董用語集「さ」行

砂張
(さはり)

銅・錫(スズ)・鉛の合金で作られた仏具や種々器物などを指す。叩くとよい音がすることから「響銅(さはり)」とも呼ばれる。

三蹟
(さんせき)

平安時代中期の小野道風、藤原佐理、藤原行成の書道史上最も優れた三人の能書家を言う。

三筆
(さんぴつ)

三人の優れた能書家の呼び名。一般的には平安時代初期の嵯峨天皇、空海、橘逸勢を指す。

信楽焼
(しがらきやき)

滋賀県甲賀市信楽町を中心に作られる日本の伝統陶磁器で、日本六古窯のひとつ。

磁器
(じき)

陶器より高温で焼成した吸水性のない、素地が白色で半透明の硬い焼物。有田焼、九谷焼などがある。

軸物
(じくもの)

床の間に掛ける和漢の書や絵を表装したもの。掛物、軸物、軸の物とも呼ばれる。

水墨画
(すいぼくが)

墨一色で描かれた絵画。墨絵とも呼ばれる。

素焼
(すやき)

陶磁器を本焼きにする前に、釉薬をかけずに低熱で焼くこと。また、そのように焼いたもの。

お電話でのお申込みはフリーダイヤル0120-888-185

株式会社地新

〒231-0007
神奈川県横浜市中区弁天通1-14 金港ビル2F

TEL 045-222-3535
FAX 045-226-5090

毎月19日開催 港横浜美術交換会

港横浜美術交換会 参加申込み

  • Yahoo!オークション 古美術良
  • アンティーク家具買取
  • 古道具買取
  • 株式会社地新
  • 古美術 良 店舗